ホラー

【結構グロい映画】マリグナント 狂暴な悪夢のあらすじと見どころ紹介【ネタバレなし】

どもこんちは!としひろです。

今回はジェームズ・ワン監督のホラー映画「マリグナント 狂暴な悪夢」をネタバレなしで紹介していきます。

この記事はこんな方におすすめです。

・ネタバレされたくない方

・見どころだけは知りたい方

・ネット上の意見を知りたい方

未視聴の方も安心して読んでくださいね!

としひろ
としひろ
この記事を書いてる人はこんな人

①映画歴25年くらい
②中学生のとき【生きてこそ】を10回以上観た
③インターステラーも10回は観てる
④30代からなぜかホラー好きに
⑤呪詛の考察で1万文字以上書いてる
⑥親子愛家族愛に弱い(ラブロマンスは苦手)
⑦仕事は多摩市で鍼灸師
⑧経営13年目で法人一期目の社長
⑨Twitterでおすすめ映画紹介したりしてます。

マリグナント 狂暴な悪夢 最終予告編

マリグナント 作品概要

原題 Malignant

監督 ジェームズ・ワン

脚本 アケラ・クーパー

ジャンル ホラースリラー

公開日 アメリカ 2021年9月10日
日本   2021年11月12日

R18+指定

ジェームズ・ワン監督と言えばSawシリーズの生みの親としても有名ですし、ワイルドスピード「スカイミッション」の監督で大成功した監督でもあります。

2013年にはもうホラーに関わらないと宣言したんですが翌年2014年に撤回して再びホラーを作ったりしていて、今回のマリグナントは原案、監督、制作として参加しているのでゴリッゴリのジェームズ・ワン作品となっています。

マリグナント キャスト

キャスト一覧

マディソン・ミッチェル:アナベル・ウォーリス
幼少期のマディソン:マッケナ・グレイス
シドニー・レイク(マディソンの妹):マディー・ハッソン
デレク・ミッチェル(マディソンの夫):ジェイク・アベル
ケコア・ショウ刑事:ジョージ・ヤング
レジーナ・モス刑事:ミコレ・ブリアナ・ホワイト
フローレンス・ウィーバー医師:ジャクリーン・マッケンジー
ガブリエルの声:レイ・チェイス

主演のアナベル・ウォーリスは叔父にリチャード・ハリスをもつ女優さんです。

(リチャード・ハリスはハリーポッターシリーズの1作目2作目に校長先生のアルバス・ダンブルドア役として出演していました。)

ジェームズ・ワン製作「アナベル 死霊館の人形」の主演で注目を浴びて、2017年にはトム・クルーズ主演の「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」のヒロイン役としても出演しています。

今回は流産を3回もしてしまい、さらには悪夢にうなされる女性マディソンを熱演しています。

マリグナント あらすじ

1993年、シミオン病院研究所に「ガブリエル」と呼ばれる男がいた。

彼は徐々に力をつけ、明らかな悪意を医師達に向けるようになっていた。

ウィーバー博士がガブリエルを危険対象とみなし排除を決めた時、彼は病院内の医師や博士を次々に殺害する事件を起こす。

強力な麻酔を銃で打ち付けることに成功するが、ガブリエルは電気を操る能力でラジオを通して「一人残らず殺してやる。」と宣戦布告する。

ウィーバー博士は麻酔で力が弱くなったガブリエルに対し「今こそ悪性腫瘍を切除する。」と言って、彼を排除することに成功する。

時は流れ現在。

妊婦のマディソンはこれまで2度流産している。

夫のデレクは情緒不安定で時折マディソンに暴力を振るっていた。

仕事を早退してきたマディソンは休ませてほしいとデレクに伝えるも、デレクは今までの流産は俺のせいか?と激昂しマディソンの頭は壁に叩きつける。

我に返ったデレクが氷を取りにいっている間に部屋の鍵をかけ、マディソンはベッドで休んだ。

その夜、1階リビングのソファーで寝ていたデレクは何者かの気配に気づいた。

部屋を探索していると謎の人影が背後に現れ、デレクを一瞬で殺害する。

2階のベッドで休んでいたマディソンが目を覚ますと枕に血の跡があり、自分の後頭部からまだ出血が続いていることに気づく。

家の異変に気づき、1階にいるデレクを呼びに向かうとそこには惨殺されたデレクの死体があった。

そのすぐそばに人がいることに気づいたマディソンは慌てて家から逃げようとするが先回りされてしまう。

2階の寝室まで逃げ込みドアを抑えるもドアごと吹き飛ばされマディソンは気を失う。

この日からたびたびマディソンは悪夢にうなされることになる。

マリグナントの意味

タイトルとなっている【マリグナント/malignant】の英語の意味もこの映画には重要な意味が込められています。

malignantの意味

①敵意のある、悪意のある
②極めて有害な
③悪性の(悪性腫瘍)

としひろ
としひろ
この3つが映画そのものを表しているので覚えておきましょう!

映画マリグナント 見どころ

見どころ①ジャンル判定不能!!新感覚ホラー!

マリグナントはウィキペディアにはホラースリラーというジャンルで紹介されています。

序盤は80年代ホラーのように古典的な驚かせ方をしてきます。

音楽は13日の金曜日が全盛期だった時代を彷彿とさせます(個人的意見です)。

しかし話が進んでいくと謎解き要素が強くなりミステリーに。

さらに謎が解き明かされるとアクションに!?

ジャンルが気づかないうちに変化し、そして展開も徐々にスピードアップして視聴者を惹き込んでいきます。

見どころ②恐怖から圧倒的熱狂へ

ガブリエルが現れ人々を惨殺していくシーンは往年のホラー映画のようで「いつでてくるのか?いつ襲ってくるのか?」という恐怖感が満載。

しかし後半、気づかないうちにその恐怖は手に汗握るような熱狂へと変わっています。

どのシーンも迫力があるのですが特にラスト30分のシーンは圧巻のスピード感!

あっという間にエンディングを迎えます。

観た人のほとんどがきっとこういう感想を持ちます。

ホラーなのにめちゃくちゃかっこいい!!と。

見どころ③”G”ガブリエルの正体を推理せよ!

ガブリエルはマディソンの夢の中の存在なのか?

それとも実際にいる殺人鬼なのか?

この映画が始まった瞬間から実は重要なシーンのオンパレード。

全てのシーンを見逃さずに集中して観ることをおすすめします!

としひろ
としひろ
ぜひ新感覚ホラーを楽しんでください!

映画マリグナント 評価

個人的評価

としひろの評価

★8個です!
(10点満点中)

1回目=★6個
2回目=★8個!!
この映画は2週以上した方が絶対楽しめます。

1周目で結構おもしろいな!と感じたなら2週目観ましょう。

かなり感想変わりますよ!

Twitter上での評価

検索すると概ね満足されているようです。

まとめ

マリグナント公式ページは凄い作り込まれていて、作品の魅力をさらに詳しく教えてくれます。

映画の公式ページをあまり見ない方もぜひチェックしてみてくださいね!

マリグナント公式
https://wwws.warnerbros.co.jp/malignant/