ネトフリSF

【カウボーイビバップ実写5話】ジェットが過去の因縁にケリをつける【Netflix】

どうもこんにちは!

としひろ院長です。

おもしろいんだかおもしろくないんだかわからないカウボーイビバップ実写ですがようやくおもしろくなってきたようです。

いや、4話が酷かっただけか(涙)

今回は5話 ダーク・サイド・タンゴ のネタバレ感想です。

忙しくて観れてない人はサクッと内容を知ることができます。

原作回と見比べたい方はこちらをどうぞ!

5話はアニメのSession16、ブラックドッグセレナーデを元にしています。

アニメは非常に渋く、そして渋いクールな回となっています。

評価は…
★★★☆☆
星3つ!

あらすじ

引用 Netflix

ジェットは警察時代に追いつめるも何者かに銃撃されたことで取り逃したウダイ・タクシムが脱獄したことを知る。

警察時代の相棒ファドを呼び出しウダイと自分を銃撃した人物を捕まえるべく行動を開始する。

スパイクとフェイはコンビを組んで他の賞金首を狙おうとするも意見が一致せず、ビバップ号で話し合いを続ける。

感想

アニメではジェットの奮闘がよく描かれていて見応えのある話でしたが、ネットフリックスはどうだったかというと5つ星まではいかない…。

4つ星はいけるか!?

いや、無理か!?

3つ星は!!?ぎりぎりいける!くらいの完成度でしたね。(大甘採点)

ファドとの関係もわかりやすく描かれていたし、派手なアクションはないけれどとりあえずは楽しめる回でした。

娘のため娘のためとジェットはうるさかったですが(;・∀・)

この回はジェットのジャズ熱が爆発しているところから話全体にかっちょいいジャズが流れています。

音楽の入りも違和感なく自然なので気分を高揚させてくれるところは評価できました。

ただやはりもう少しなんだよなぁと思わざるを得ない点もありました。

いつものごとくいくつかポイントをあげていきますね。

スパイクとフェイ

今まではもそれなりに仲がいい場面はありましたが今回はもっと仲間として絆が深まりました。

どの賞金首を狙うか話し合い、じゃんけんで勝負をし、自分たちがどんなに凄いカウボーイ(賞金稼ぎ)かを競い合うという流れや会話は非常に原作っぽかったです!

まあ吹き替えが山ちゃんに林原めぐみですからそう感じるのは当たり前っちゃ当たり前なんですがね。

シャワー風呂シャワーに感動するスパイクはグッド!

今日のビシャスさん

今回もしっかりと若本ボイス。

クーデターを計画しマオに協力を申し込みに行きます。

ジュリアと共に…。

ってジュリアは母ちゃんかよ!

なんで付き添わせてるんだよ!!

夫婦愛に飢えてる寂しがり屋か!

若本好きなんで楽しめてはいるんですが、アニメの設定とだんだん変わってきてて…正直微妙なんですよね。

ジュリアが最初から出てきちゃってて、なんか尻に敷かれてる感があるんですよ。

ビシャスはもっと謎めいていて人を惹きつけるカリスマっぽさを描いてほしいなと。

まあすでに半分過ぎてしまってますしカリスマもクソも期待できない感じです(´;ω;`)

アイン

引用 Netflix

死んだふりめっちゃかわえええええええええ!!!!

ジェットの過去からの因縁に決着はいいんだけど

引用 Netflix

ジェットの左腕を義手にし、人生を破壊した銃弾。

撃ったのが相棒だった。

ストーリー的にはよくある話です。

アニメと同じではあるのになぜにこうも薄っぺらくなってしまったのか。

まずウダイがものすごく軽く扱われていることが原因じゃないかと感じました。

原作ではその残忍さが数分だけでも描かれていて、こいつはやべぇやつだなと感じさせてくれましたが実写版では戦闘シーンが全くないので賞金が高い理由もあやふやになってしまっています。

そして真犯人のファドはアニメでは組織は裏切れない、でももうこの生活に疲れてしまった、ジェットとタッグを組んでいた時代が懐かしいと今を生きることに否定的な雰囲気を感じさせていたのに対し、ネットフリックス版では支払いが…借金が…大金がほしい…金がほしい…とカイジの兵頭会長のような理由でジェットを裏切ったと言っているので哀愁もなく感情移入もできないまま終わるというありさまに。

普通にジェットを撃っていますからもう普通にジェットを殺る気マンマン。

アニメ版と比べちゃだめなんでしょうけどやはりアニメ版と同じようにジェットに自分を撃って欲しいという感じを雰囲気を感じさせる演出をしてくれたらもっともっとかっこいい話になったんじゃないかなと。

まあでも最後のジェットのセリフはちょっといい感じでしたね。

まとめ

原作組としてはアニメはたった30分であれだけの完成度をだせたのになんでネットフリックスで1時間近く尺があるのにこんなにグダグダなんだ?と思ってしまうのですが、まあそれでもやはり良い線行ってる回でした。

全編通して流れるジャズもたぶん菅野よう子ですよね?

ほんとかっちょいい。

チャルマーズも嫌なヤツかなと思ってたけどただのいい男だったし。

つまるところこの回はアニメにはなかったフェイとアインのタンゴが一番の見所であったと(爆)

引用 Netflix

ネットフリックスを観るならFireTVスティックはマスト!

新型は動作サクサクで非常に快適ですよ!

個人的に実写版一番のおすすめ回のネタバレ感想はこちらです。

【カウボーイビバップ実写】言いたいことも言えないこんな被り物してちゃ【2話ネタバレ感想】Netflixの実写カウボーイビバップ2話【ヴィーナス・ポップ】の感想です。スパイクの過去、組織やヴィシャスについて少しずつ描かれ始めてきてきちんと脚本が練られていることに安心した回でした。ジェットの奮闘ぶりもおもしろかった!テディー・ボマーはいったいなにを訴えたかったのかとい(文字数)...