Netflixアニメ

ULTRAMANシーズン2感想【変わらず戦いは熱い】

ULTRAMANシーズン1があまりにも熱すぎて面白かったので一気にシーズン2も観ちゃいました!

というわけでシーズン2の感想です。

シーズン1の感想記事はこちらになります。

読んでいない方はどうぞ。

アニメULTRAMANシーズン1感想【セブンがツンデレで萌える】ULTRAMANシーズン1感想。ストーリーが少年漫画王道で熱すぎてめちゃくちゃおもしろかった!あとはセブン。諸星のツンデレっぷりが爆発。ツンデレ好きにはたまらない(笑)...
ULTRAMANシーズン2ポイント

1:主役はジャックとタロウとゾフィー
2:進次郎とレナの仲が進展?
3:熱いのに6話は短すぎる

ではそれぞれ深堀していきましょう。

ULTRAMANシーズン2予告編

シーズン2あらすじ

引用 Netflix

ウルトラマンとして戦っていた早田進の息子、早田進次郎は新たなウルトラマンとして地球を守るため異星人と戦っていた。

ある日、世界中で人がまたたく間に消えるという事件が起きた。

日本もまた世界と同じように街から人々が一瞬で消されてしまう。

ちょうどその場にいた進次郎とレナも同じく消されてしまった。

人類消失事件を調べていたジャーナリストの東光太郎は事件が異星人によるものと突き止めるが実行犯のワドラン星人に捕まってしまう。

ワドラン星人がなぜ人類を消しているのかを知った光太郎は説得するも、その声は聞き入れられず装填装置により始末されそうになる。

しかし装置の誤作動により光太郎は己の激情を炎に変える未知の力に目覚める。

ワドラン星人の姫マーヤは暴走した光太郎から命からがら逃げ出すことに成功する。

恋人のイズミを消されたことで暴走を続ける光太郎は街を焼き付くさんとする。

そこへウルトラマンのパワースーツを着たジャックが現れ、光太郎に新たなスーツ装置を装着し暴走を止めることに成功する。

光太郎はジャックの隠れ家で目を覚まし、事態を理解すると新たなウルトラマンとして事件解決のため戦いに身を投じることを決意する。

シーズン2重要登場人物

東光太郎

引用 Netflix

世界を飛び回るジャーナリスト。

熱血バカ。(褒め言葉)

ジャック

引用 Netflix

アメリカのエージェント。

生身で異星人と戦える超人。

ワドラン星人

引用 Netflix

絶滅に瀕している異星人。

姫マーヤがかわいい。

ペダント星人

引用 Netflix

人類消失事件の黒幕。

めっちゃ格闘能力高い。

シーズン2感想

シーズン1の出来が良すぎてシーズン2はややパワーダウンしたように感じました。

しかしそれでもなお熱い!おもしろい!!

シーズン1が100点だとしたらシーズン2は80点といったところでしょうか。

おもしろいことに変わりはないのでご安心を。

それにしてもレナはまじでかわええ。

タロウとジャックが大活躍!

あらすじを読んでもらえばわかるかと思いますがシーズン2の主役はタロウです。

進次郎は本当にちょっとしか活躍しませんし、最後に美味しいところをもっていってセブン諸星弾のツンを炸裂させるくらいしか見せ場はありませんでした。

ちょっとまっすぐすぎるというか甘っちょろい感じが強すぎてシーズン1よりもちょっとうっとおしい(汗)

光太郎の暑っ苦しさも大概ですが(笑)

個人的にはジャックの活躍が嬉しかった。

ジャックはプロレス技を多く使うんですよ。

スリングブレイド出したところなんてうひょーってな感じで燃えましたね。

ゾフィー登場!

ネタバレにはなりますがゾフィーが登場します!

まあ誰がといえばハヤタ以外いないんですがね。

進はシーズン1から黒スーツを着て戦っていましたが、ついに進用のウルトラスーツが完成したわけです。

ちゃんと赤いスーツで名前もゾフィー!

おじいちゃん一歩手前なのに大丈夫かいな、なんて思って観てましたが素晴らしい戦いぶりでございました。

まあやられっぷりもいい感じでしたが(笑)

進次郎とレナが恋人に?

半分敬語、半分タメ口で話をするなんとも微妙な二人の関係性ですが、進次郎が必死にレナを含むみんなを助けた結果、最後にはほっぺにキスをもらうという大快挙!

天にも登っていきそうなうかれっぷりにツンデレ諸星が刀を抜き、なぜかエースが怒ってて笑えます(笑)

若いっていいなぁ(しみじみ)

もっとじっくり作り込んでほしかったというのが正直なところ

これなんでたった6話だったんでしょうね。

6話だとしても1話50分くらいで作り込んでくれたらもっと素晴らしい作品になっていたと思います、

さすがに6話というおは駆け足すぎ。

黒幕のペダント星人はいいキャラしてましたが、部下も強そうなのにあっという間に倒されていました。

ここらへんもっとじっくり話をもっていってくれてたら戦いがさらに熱かったんだけどなぁ。

おもしろかったけどね。

特にセブンの戦いはやはり最高。

キングジョーの登場にはワクワクしか無い

そうそう、キングジョーがでたんですよ。

これまたあっという間にやられてしまいましたが(T_T)

ここでは黄金の城塞という名前になっていましたけど姿かたちはおしゃれなキングジョーって感じ、

エンディングは飛ばさずに観てほしい

引用 Netflix

エンディングがこれまたオシャレだったんですよ。

ウルトラマン6人、ワドラン星人、ペダント星人たちが街の中、宇宙船の中で曲に合わせて踊るんです。

プリキュアみたいなダンスじゃなくてもっと素晴らしくかっちょいいやつ!

ついつい毎回エンディングしっかり観ちゃいました。

まとめ:シーズン3はよっ!

このシーズン2というのはクライマックスの手前のシーズンらしく、どうしても中途半端感がでてしまったようです。

なぜ6話という構成にしたのかもわかりませんが、ファイナルシーズンはすでに決定済みのようですし最後は最高のクオリティのものを期待しだいですね。

もうウルトラ6兄弟もでたし、あとはウルトラの父と母とキング?

ヒッポリト星人とかゼットンでるのかな?(完全に個人の趣味です)

シーズン3はよっ!!

作品情報

キャスト
早田進次郎:木村良平
諸星弾:江口拓也
北斗星司:潘めぐみ
早田進:田中秀幸
ジャック:竹内良太
東光太郎:前野智昭
エド:牛山茂
井手:魚建
ベムラー:曽世海司
アダド:津田健次郎
レナ:諸星すみれ
白石:白石稔
ペダント星人:諏訪部順一
イズミ:坂本真綾
ワドラン星人マーヤ:佐倉綾音

原作
円谷プロダクション
清水栄一×下口智裕(「コミプレ/ヒーローズ」)

監督
神山健治×荒牧伸志

音楽
戸田信子×陣内一真

制作
Production I.G×SOLA DIGITAL ARTS